見えない虫歯

本日は、見えない虫歯についてご紹介いたします。
まずはこちらをご覧ください。

お子様の左上の歯の写真です。
8143_348151
黒くなっている歯(乳歯)は、虫歯が大きく進行しているため、抜くことになりました。

抜いた直後の写真がこちらです。
唇を引っぱり、正面から撮りました。
8143_348154
抜いた乳歯の1つ奥の歯に、ポチっと虫歯があるのがご覧いただけるでしょうか?
これが、歯と歯の間にできた【目に見えない虫歯】です!

今回、虫歯自体が小さかったので、虫歯を削り、その場で白い詰め物をする治療で済みましたが…
もし、中で大きく広がっていたら、神経を取る治療になっていたと思われます。
(神経を取ると、その歯の寿命は半分になってしまうと言われています。)

では、歯と歯の間の虫歯を予防・再発予防するためには、何をしたらいいのか?
残念ながら、ハブラシだけでは歯の間のプラーク(細菌のかたまり)を取ることができません。

そこで取り入れていただきたいのが、『フロス』あるいは『歯間ブラシ』です!
DSCN9768
歯の隙間の大きさによっては、使い分けがありますので、必ず衛生士・医師からの処方を受けてくださいね!

ケアアイテムを+αして、細菌のかたまりをさらに減らしていきましょう!

藤川

スタッフブログ

  • 北越谷歯科は、東武スカイツリーライン(東武伊勢崎線)「北越谷駅」から徒歩3分です。

越谷市北越谷2-42-10-1

初めての方でもお気軽にお問い合わせください。

048-970-3333

午前:9:30-13:30  午後:15:00-19:00
休診 / 木曜日・祝日


無料カウンセリング
診療予約 お問い合わせ



診察時間
9:30-13:30 ×
15:00-19:00 ×


このページのトップへ