口の中のけが〜こどもとママのデンタルケア〜

あわてないで!いざというときの救急メモ〜家庭でできる応急手当〜

 
よちよち歩きの赤ちゃんよちよち歩きのころの赤ちゃんは、転んだりぶつかったりして、口の中をけがするトラブルによく見舞われます。
まず、口の中を切って出血していないか、歯が折れたり抜けたりしていないかを確認して、適切に処置しましょう。


 

出血している場合

 
泣く赤ちゃん①血を飲み込まないように、吐かせるか、清潔なガーゼなどで口の中の血をぬぐいとる。
②ぬるま湯で口をゆすぐ。
③出血しているところにガーゼを当て、強めに5~10分程度押えて止血する。


 

歯が折れた・抜けた場合

 
①消毒のため、口の中をうがい薬などでよくゆすぐ。
②抜けたところが出血している場合は、丸めたガーゼなどをかませて止血する。
③ほおや口もとを冷たいタオルなどで冷やしながら、折れた歯、抜けた歯を持って、至急、歯科を受診する。
状態によるが、自分の歯を使っての修復が可能な場合もある。
 

歯を持っていくとき

 
牛乳折れた場合:折れた歯が1mm以上の大きさの場合は、そのかけらをガーゼやティッシュに包んで持っていく。
抜けた場合:歯に砂などの汚れがついていても、水で洗わず牛乳の中で軽く振り洗いをする程度にとどめる。
その後、冷たい牛乳の中に浸して持っていく。

※牛乳には歯を保護する成分が含まれているので、抜けた歯を一時的に保管することができる。

コラム

  • 北越谷歯科は、東武スカイツリーライン(東武伊勢崎線)「北越谷駅」から徒歩3分です。

越谷市北越谷2-42-10-1

初めての方でもお気軽にお問い合わせください。

048-970-3333

午前:9:30-13:30  午後:15:00-19:00
休診 / 木曜日・祝日


無料カウンセリング
診療予約 お問い合わせ



診察時間
9:30-13:30 ×
15:00-19:00 ×


このページのトップへ