虫歯

こんなとき虫歯の治療が必要

虫歯

歯が痛いなと思ったとき、必ず虫歯ができているわけではありません。
毎日の疲れがたまっていたり、ストレスがあったりすると虫歯でもないのに歯が痛くなるということもあります。

しかし、歯の痛みのほとんどの原因は、虫歯や歯周病のような歯に関する病気です。
虫歯は初期の段階(虫歯になりかけ)であれば、「再石灰化」という口の中の自己修復機能によって治りますが、ある程度の大きさを超えると自然に治ることはありません。
ですから、少しでも早く歯科医院で歯の治療をうける必要があります。
特に次のような症状を感じている場合は、早めに検査を受けることをおすすめします。

  • 歯に穴があいている
  • 甘いもの、冷たいものがしみる
  • 時々痛む
  • 舌でさわるとひっかかる感じがする
  • 食べ物がはさまりやすい

当院での虫歯治療は、痛みを少なくすることを心がけています。
これまで、「歯医者での治療は痛いから嫌だ」と考えておられた方が、実際に治療を受けて「大丈夫だった!」と感じられることも少なくありません。
とはいえ、決して無痛というわけにはいきません。
虫歯が大きくなればなるほど治療にも痛みが伴い、治療回数、期間も掛かってしまいます。
少しでも痛みを抑えるためには、早めに発見して治療することが大切です。
また、なぜ虫歯になってしまったのかという原因を考え再発しないよう努めます。

歯科医院での検診をおすすめする場合

歯に関する症状で次のような点が当てはまる場合、虫歯の可能性があります。一度歯科院で検診を受けることをおすすめします。

歯に穴があいている

Fotolia_67317237_XS

鏡で口の中を見たときに、歯の表面に小さな穴が開いているなと思ったら、虫歯になっている可能性があります。まだ小さいから大丈夫だと思ってはいけません。虫歯は内部で大きく進行しやすいのです。

歯の表面はエナメル質という、からだの中で最も硬いといわれる組織で覆われています。ですから、虫歯菌によって簡単に溶かされてしまうことはありませんし、少し溶かされたくらいであれば自然と修復してくれます。しかし、エナメル質の下にある象牙質という組織はとても弱い部分です。そこまで虫歯菌が進行すると、あっという間に歯の内部が虫歯になってしまいます。

目視で見つけることができるほど虫歯の穴が大きくなっているのであれば、内部ではかなり大きく広がっている可能性があります。できるだけ早く治療を開始してください。

甘いもの、冷たいものがしみる

虫歯ではないのに、甘いものや冷たいものを食べたときに歯がしみる。これは知覚過敏と呼ばれている症状です。歯磨きの仕方が悪かったり、歯周病で歯ぐきが下がったりしているとしみやすい口内環境になってしまいます。また、歯ぎしりや食いしばりなどで歯が削れたりしていると、症状が現れることもあるので注意が必要です。

虫歯ではなくても歯がしみることがあるとはいえ、まずは虫歯になっていないかどうかを調べてみてください。虫歯は目に見えるところだけにできるわけではありません。歯と歯の間や詰め物・被せ物の隙間から虫歯菌が侵入し、中で大きく広がっている可能性もあるのです。

歯が時々痛む

Fotolia_81872605_XS
虫歯の痛みの出方はさまざまです。ですから、ずっと痛いわけではなく、時々しか痛くないから虫歯ではないと考えるのは危険です。痛みが治まっているのは、歯の神経が鈍くなって痛みを感じなくなっているのかもしれません。たとえ痛くなくなっても、やがて今よりも強烈な痛みにおそわれることもあります。

虫歯によって歯が痛くなるということは、虫歯がある程度進行している可能性が高くなります。ですから、少しでも不安を感じたら一度診察を受けることをおすすめします。たとえ虫歯になっていなくても、歯科医院では歯石除去やブラッシングのアドバイスをうけることができるので、虫歯予防のためにも決して無駄になることはありません。
舌でさわるとひっかかる感じがする
虫歯の治療では、削った部分に詰め物や被せ物をして歯を修復します。一度治療したから大丈夫だと思ってはいけません。詰め物や被せ物は、年月と共に劣化して隙間が開いてしまうおそれがあります。

舌で治療した部分をさわったときに、何かひっかかる感じがした場合は注意してください。詰め物や被せ物と歯の間に隙間ができている可能性があります。その隙間から虫歯菌が侵入し、詰め物や被せ物の内側という目に見えないところで虫歯が進行することもあります。

見た目にはわからないので放置していると、虫歯菌が神経にまで達し、激しい激痛におそわれるようになります。それくらいまで虫歯が進行してしまうと、抜歯を防ぐために根の治療と呼ばれる歯の神経を取り除く治療が必要です。

神経を取り除いた歯は変色したり、強度が弱くなったりというデメリットがあります。そんなことになってしまわないように、詰め物や被せ物の違和感は早めに診てもらうことが大切です。

食べ物がはさまりやすい

Healthy tooth

歯と歯の間に隙間があると、食べ物が詰まりやすくなります。それだけ歯垢がたまりやすく、虫歯になりやすいので、毎日のブラッシングも特に気をつけてください。しかし、どれだけ意識してブラッシングしていても、毎日の歯磨きだけで付着した歯垢を完全に取り除くことはできません。そこで重要なのが歯科医院での定期クリーニングです。

歯科医院では特殊な器具を使って、虫歯の原因になる歯垢や歯石をきれいに取り除いていきます。どなたにでも必要な定期クリーニングですが、特に食べ物がはさまりやすいと感じておられる方は、虫歯予防のために受けていただくようおすすめします。

  • 北越谷歯科は、東武スカイツリーライン(東武伊勢崎線)「北越谷駅」から徒歩3分です。

越谷市北越谷2-42-11

初めての方でもお気軽にお問い合わせください。

048-970-3333

午前:9:30-13:30  午後:15:00-19:00
休診 / 木曜日・祝日


無料カウンセリング
診療予約 お問い合わせ



診察時間
9:30-13:30 ×
15:00-19:00 ×


このページのトップへ