歯のクリーニング

すべての人におすすめする歯のクリーニング

Dentist making professional teeth cleaning female young patient at the dental office. Close-up plan
食事をした後に歯を磨かないでいると、口の中にひそむ細菌が歯の表面にネバネバとしたものを作ってゆきます。
その中で細菌がたまっている状態が歯垢です。
放置していると、虫歯や歯周病の原因になってしまうので取り除かなくてはいけません。
しかし、歯には磨きにくい部分がたくさんあり、毎日の歯磨きでは完全に落としきることができません。
そこで、歯科医院で行なう歯のクリーニングをおすすめします。
虫歯や歯周病予防となるだけでなく、歯の表面の着色も落とせるのでホワイトニング効果も期待できます。
また、口臭の予防にもなるというメリットもあります。

歯石はなぜ取らないといけないのか

Fotolia_79061871_XS
歯石という言葉をお聞きになったことがあるかもしれません。
これは、細菌の塊である歯垢が、唾液に含まれるカルシウムやリンといったミネラルとくっつくことによって石のように固くなったものです。
実は、歯石自体は単なる固い物質なので、悪さをすることはありません。
問題なのは、歯石が細菌のひそむ場所になってしまうことにあります。

歯石は顕微鏡で見ると、細かい穴がたくさん開いています。
そしてその穴は、細菌がひそむのに絶好の場所です。
細菌は歯石にひそみ、歯を溶かしたり、歯ぐきに炎症を起こさせる毒素を出しつつけます。
でも、歯石は歯磨きでは取れないので、毎日ブラッシングをしても細菌を落とすことができません。
だからこそ、歯科医院でのクリーニングが必要なのです。

歯石にひそんだ細菌は、少しずつ歯ぐきの奥深くにまで進みながら歯を溶かしていきます。
そして、最終的に歯の周りの骨を溶かしてしまうので、抜歯せざるを得ない状況になってしまうのです。
さらに、歯周病はからだ全体の病気の原因になるとも言われています。
例えば、糖尿病や心臓病、脳卒中は歯周病と関係が深い病気です。
命に関わる重大な病気が歯石から生じる可能性があることを考えると、歯石を取ることの大切さがとてもよく理解できるのではないでしょうか。

唾液にミネラルが含まれている理由

歯石とは、歯垢が唾液に含まれるミネラルとくっつくことによってできるものです。
しかし、どうして唾液には歯石という病気の原因になるような物質を作り出す成分が含まれているのでしょうか。
実は、唾液のミネラルは本来歯を毎日修復してくれる大切な成分なのです。

歯は、毎回の食事の際に表面のミネラルが溶け出して弱くなってしまいます。
そこで、唾液に含まれるミネラルが歯を補修してくれます。
これは再石灰化と呼ばれる自己修復機能で、ほんの小さな虫歯であれば自然に治してくれるという大変ありがたい機能です。
しかし、歯垢が残っていると、それも固めてしまうので注意しなければなりません。
歯垢はたったの2日で歯石になってしまいます。

歯石を徹底的に除去する方法

歯科医院で、歯の表面に付着した歯垢や歯石を落とすときに使うのは「スケーラー」と呼ばれる器具です。
この器具には、超音波の振動で歯石を粉々にして除去する超音波スケーラーと手動で削っていくハンドスケーラーがあります。
それぞれの利点を活かして細かく歯石を落としていきます。

  1. 超音波スケーラー
  2. 超音波スケーラー
    超音波の振動によって広い範囲の歯石を短時間で簡単に落としていくことができます。
    このスケーラーを使って歯についた大部分の歯石をまずは除去します。
  3. 手動のハンドスケーラー
  4. スケーリング
    超音波スケーラーで取りにくい部分は、ハンドスケーラーを使ってていねいに落としていきます。
    少しでも取り残しがあると、そこから細菌が歯の奥へと侵入していくので細かい作業が求められます。

虫歯よりも歯周病菌が歯を失う原因になっている!?

子どもの頃から、「虫歯を放置していると歯を抜かないといけなくなるよ」と教わってきた人も多いのではないでしょうか。
確かに子どもが歯を失う理由は虫歯がほとんどです。
しかし、大人になると、歯周病が歯を失う大きな原因になってしまいます。
実は、30代の日本人の約80%は歯周病になっているといわれています。

歯周病は歯を支えている骨を溶かしてしまいます。
そうなると、もはや抜歯するしか方法はありません。
さらに、歯周病には強烈な口臭が伴うので周りの人にも迷惑をかけることにもなりかねません。

歯周病菌は、歯科医院で行なう定期的なクリーニングによって除去できます。
少しの意識で防ぐことのできる歯の病気。ぜひ、1ヵ月から6ヵ月に1度は歯科医院でのクリーニングをおすすめします。

エアフローを用いたクリーニング

cleaning1
当院が歯のクリーニングで使用する機械として、エアフローがあります。
この機械は、炭酸水素ナトリウムやグリシンの粒子を水とともに歯に吹き付けるものです。
歯の表面には、こびりついた歯垢であるバイオフィルムだけでなく、タバコのヤニや茶渋などがついて着色しています。
エアフローを使うと、バイオフィルムとともに、そうした着色汚れも吹き飛ばすことができるので、歯を本来の白さに戻すことが期待できます。

本格的なホワイトニングにも興味があるけど、お金も時間もかかるしどうしようと考えておられる方には、まずはエアフローによるクリーニングをおすすめします。
劇的な白さというわけにはいきませんが、歯周病予防とともに歯が持っている本来の白さを実感できるでしょう。

  • 北越谷歯科は、東武スカイツリーライン(東武伊勢崎線)「北越谷駅」から徒歩3分です。

越谷市北越谷2-42-11

初めての方でもお気軽にお問い合わせください。

048-970-3333

午前:9:30-13:30  午後:15:00-19:00
休診 / 木曜日・祝日


無料カウンセリング
診療予約 お問い合わせ



診察時間
9:30-13:30 ×
15:00-19:00 ×


このページのトップへ