笑顔を何倍も際だたせる審美治療

審美領域の歯科治療

dental health concept - beautiful woman pointing to her teeth
審美治療とは、単に虫歯や歯周病を治すだけではなく、見た目の美しさを求める方法です。
最近は、テレビや雑誌に出ている人が皆白くてきれいな歯並びをしているので、審美に対する関心が高まっています。

また、服用している薬の影響で歯が黒くなってしまったり、事故で歯が欠けてしまったりしたケースもあります。そういった人たちは、白くてきれいな歯にしたいという思いも強いものです。

ヘアスタイルやメイクで見た目をきれいにすることは、昔から行われてきました。
歯にも美しさを求めるという時代の流れは、もはや自然なことといえるのではないでしょうか。
しかし、審美歯科は、歯を白くして形を整えれば良いという単純なものではありません。
全体的なバランスを考え、食べたり話たりするという歯の基本的な機能を損なうことがないようにしながら行なうことが、本当の意味での審美治療です。

白い歯をのぞかせる素敵な笑顔へ

顔には喜怒哀楽が表れますが、表情を作るときに主に使っているのは口元や目元です。
特に口元は表情を作る上でかなり重要なパーツです。
白くてきれいな歯を持っていれば、自然な笑顔を作り出すことができます。
性格も外交的になり、仕事やプライベートでの対人関係にも良い影響を与えるものとなります。
単に見た目の問題だけではなく、性格にも影響することなので、審美治療は価値ある歯科治療の1つだといえるでしょう。

色の再現性に優れる素材

審美治療には、歯を白くするホワイトニングや歯並びを良くする矯正治療も含まれますが、ここでは虫歯の治療跡を目立たなくする審美治療に注目しています。

大きな虫歯を治療すると、削った部分に詰め物や被せ物をする必要があります。
しかし、一般的に使われている金属の詰め物や被せ物は、口を開けたときにとても目立ってしまいます。
そこで、天然の歯に近い色の素材を使うという選択肢があります。
一般的に使われている素材としては、大きく分けると「硬質レジン」「ハイブリッドセラミック」「セラミック」があります。
それぞれの特徴は以下のとおりです。

  1. 硬質レジン
  2. プラスチック製の素材で、保険治療で行えるので費用が安いというメリットがあります。
    以前に比べると素材の質も良くなっていますが、摩耗しやすく着色しやすいので長期間の使用で劣化するおそれがあります。

  3. ハイブリッドセラミック
  4. 硬質レジンとセラミックを混ぜあわせたものです。
    天然の歯に近い強度なので、周りの歯とのバランスが取れており割れにくいというメリットがあります。
    保険は適用されませんが、セラミックよりは安価です。

  5. セラミック
  6. 天然の歯に近い色を表現することができ、着色もしにくいので長期間にわたって白さを維持できます。
    とても固いので摩耗しにくいですが、固すぎるがゆえに割れてしまう場合もあります。

審美治療に使用する素材の材質の違いと料金表

当院では詰め物や被せ物としてさまざまな素材を準備しています。
審美面や費用を考えて、患者さまのご希望に合わせた素材を選択可能です。

●奥歯の詰め物

◇パラジウム合金
general2 費用 
保険適用。2000円~3000円(3割負担の場合)。
メリット
金額が安くて強度がある。
デメリット
歯との間に隙間ができて外れてしまうおそれあり。また、金属アレルギーが出る可能性もある。場所によっては奥歯でも目立ってしまう。
◇金合金
general3 費用
保険適用外。25000円~40000円程度。
メリット
さびにくいので虫歯になりにくいです。金属アレルギーもでにくく、精度も高め。
デメリット
値段が高く、セラミック製よりも目立つ。
◇エステニア
general4 費用
保険適用外。30000円。
金額△/さび◎/金属アレルギー◎/見た目◎/精度◎
メリット
ハイブリッドセラミックスで見た目に違和感がない。さびにくく虫歯になりにくい。金属アレルギーの心配も不要。
デメリット
値段が高く、強度も少し弱め。
奥歯のかぶせもの

●奥歯のかぶせもの

◇パラジウム合金
general5 費用
保険適用。約4000円(3割負担の場合)。
メリット
金額が安い。
デメリット
隙間ができてそこから虫歯になるおそれがある。また、金属アレルギーが出る可能性もある。場所によっては奥歯でも目立ってしまう。
◇金合金
general6 費用
保険適用外。50000円。
メリット
さびないので虫歯になりにくい。側面を白くすることも可能なので目立ちにくい。
デメリット
値段が高い。白い部分が時間の経過と共に変化してくる。
◇エステニア
general7 費用
保険適用外。85000円。
メリット
さびないので虫歯になりにくい。精度が高く、外れにくい。歯にもやさしい。
デメリット
歯を削る量が多い。
支台歯

●支台歯

◇パラジウム合金
general12 費用
保険適用。約2000円~3000円(3割負担の場合)
メリット
金額が安い強度がある
デメリット
硬すぎるので歯が折れて抜歯になることがある。根元が虫歯に安い。光透過性が悪い。金属アレルギーを起こす可能性あり。
◇ファイバーコア
general13 費用
保険適用外。10000円~20000円
メリット
天然の歯と性質が似ており、割れにくい。再治療がしやすい。光透過性も非常に高い。
デメリット
値段が高い。
前歯のかぶせもの
◇硬質レジン前装冠
general14 費用
保険適用。約1,000円~(3割負担の場合)
メリット
金額が安い。
デメリット
プラスチック性なので、透明感がない。劣化したり変色したりしやすい。金属アレルギーが出るおそれがある。
◇メタルボンド
general15 費用
保険適用外。85000円~
メリット
表面をセラミックで覆っているので見た目がきれいで強度がある。
デメリット
歯肉が下がってくると、金属のラインが目立ってしまう。金属アレルギーを起こす可能性がある。
◇オールセラミック
general16 費用
保険適用外。100000円~
メリット
天然の歯に近い色調や透明感を持つ。さびないので虫歯にもなりにくい。歯肉が変色しない。
デメリット
値段が高い。強度がすこし弱い。
  • 北越谷歯科は、東武スカイツリーライン(東武伊勢崎線)「北越谷駅」から徒歩3分です。

越谷市北越谷2-42-11

初めての方でもお気軽にお問い合わせください。

048-970-3333

午前:9:30-13:30  午後:15:00-19:00
休診 / 木曜日・祝日


無料カウンセリング
診療予約 お問い合わせ



診察時間
9:30-13:30 ×
15:00-19:00 ×


このページのトップへ