タバコを吸うと歯がなくなる!?

タバコが歯にもたらす悪影響

喫煙タバコは万病の素と言われるように、さまざまな形で健康を害し、喫煙者の40%は69歳までに亡くなるという統計結果も出ています。

当然ながら歯や口腔にも悪い影響をもたらします。
米国の調査例では、喫煙者が歯周病になるリスクは非喫煙者の2倍、さらに重度の歯周病になるリスクは3倍という結果が出ています。

つまり、タバコは歯周病の原因のひとつであるのはもちろん、歯周病の進行を促進し、重症化させる大きな要因にもなっているのです。

タバコが歯周病に悪影響を与えるメカニズム

タバコが歯周病に悪影響を与えるメカニズムですが、

  1. タバコのタール成分が付着することで歯周病の原因となる歯垢・歯石が付きやすくなる
  2.  

  3. タバコのニコチンが歯肉に血流障害を起こさせる
  4.  

  5. 喫煙によってビタミンCが消費され、歯肉の老化が進む

などが明らかになっています。

さいごに

副流煙最後にあげた歯肉の老化ですが、喫煙者は非喫煙者に比べて10~20年も老化が進んでいると言われます。
つまり、そんなに年を取らないうちに、自分の歯がなくなってしまう可能性があるということです。
恐ろしいですよね。
「私は吸わないから大丈夫」と思っている方も、家庭や職場での受動喫煙(他人のタバコの煙を吸ってしまうもの)には注意が必要です。
非喫煙者の歯周病患者の3割は、家庭での受動喫煙者で占められているというデータもあります。
喫煙者がいる家庭では、家族で話し合って家庭内禁煙を実現したいものです。

コラム

  • 北越谷歯科は、東武スカイツリーライン(東武伊勢崎線)「北越谷駅」から徒歩3分です。

越谷市北越谷2-42-10-1

初めての方でもお気軽にお問い合わせください。

048-970-3333

午前:9:30-13:30  午後:15:00-19:00
休診 / 木曜日・祝日


無料カウンセリング
診療予約 お問い合わせ



診察時間
9:30-13:30 ×
15:00-19:00 ×


このページのトップへ